BLASTJAIL

ヘヴィメタルバンド ブラストジェイル 富良野市で活動を続けるバンドです。 バンドシーン及び多彩な情報を発信しています。 

プロフィール

へヴぃめたりすと

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■天職 そのすこし手前

2011/04/21 21:41

 さて ・・・

 ここんとこ目ェについてるんだけど 仲間たちのブログで “仕事ネタ”がけっこうあって まちがいなくここでもそれだ!




 めたさんの仕事といえば サイディング屋さん・・富良野ではただ1軒。


 サイディング それは 建物の外装に施される建材のこと。

 ただあれだ 公的各機関のジャンル分けとして “建築カテゴリ”には “サイディング屋”てのは存在しない。当然“サイディング技能士”等の国家資格もない。(メーカー審査の資格は存在する)

 平成8年4月1日が開業日だったんだけど その届けをいろんなとこにだそうとしたときに いちいち困ったのだよ。担当の皆さんがそれを知らなくてね。

 てことはあれだ 建築分野の非公式的アウトロー職業なのだよ。

 にもかかわらず 現在の建築事情 新築リフォームを問わず サイディングというのはその比重がでかい。


 てかまえおきはこんぐらいで プロローグである。



 おもいおこせば わしが建築に関わったのは 某建築屋さんの“雑役人夫”としてだ。上司てか たいがいの大工なんてのは 会社んなかではなまらきびしい。なんもできない若造なんてのは カス扱いだ。 いまおもえば それも自分の力を担う大切な時期だったのだが。

 「ニンプでなくてダイクにならんとだめだ・・」 それも“棟梁”とか呼ばれる奴でないとだめだ・・

 そう思いながら 数年間過ごした。
 
 会社を変わって“ニンプ”から“トビ”と呼ばれるようになった。
“鳶” いわゆる“基礎工事”それと“建て込み”がメインの仕事。

当時“建築ブーム”の渦中だ。

 “建て込み”なんてのは新築の“上棟”までの“高上がり”が華 これは当時 かなりのムチャをやった。危険極まりない高い場所での作業を好んでやった。

 だって だれもそこまで上がってこれないから なまら気持ちがえかった。3寸5分の幅の“梁”の上を2日酔いだろうが 寝不足だろうが ほいほいと歩けたのだよ。

 とうぜん いまではできない(笑 おそろしいのと からだが動かねぇからあぶなくて(笑

 そんときの“親方”は きびしくて それ以上になまらやさしくしてくれた。“高上がり”をめためたやったのも 自分のウデマエがあがれば上がるほど 仕込んでくれた親方に報恩できると ほんとに思っていた。
 『オヤカタの腕がいいから“若い衆”よく仕込まれてる』会社の上層やら 他の建築屋に そう見せつけてやりたかった。 朝から晩まで その親方の元で ほんとに最速状態で仕事をした。

 とはいえ 当時まだ“ダイク”には程遠い・・ そして“サイディング屋”いわゆる“貼り屋”には まだまだ遠い・・



 つづく



スポンサーサイト
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:4
コメント

めたさんも色々な仕事してたんですね~

今の時代、とくに建築業界は
何でも経験してる人って強いと思います……

僕も左官やる前に解体屋やってました!

たまに左官の仕事が無い時は
解体のアルバイトとかで
つかってもらってます(笑)
Brasz AKIRA #-|2011/04/22(金) 21:31 [ 編集 ]
Brasz AKIRAさん
なんでもいいから とにかく“食う”こと考えてやらんと 好きなバンドもできませんもね(笑
職歴ネタは かなりありますが とらえ方によっては“めたさん長続きしない・・”とかいわれそうで・・
めたりすと #-|2011/04/22(金) 22:09 [ 編集 ]

仕事も趣味も何でもそうだろうけど、自分に満足しちゃうと向上心も止まってしまうよね・・・。
7弦パパ #-|2011/04/24(日) 15:20 [ 編集 ]
ぱぱさん
その場都合のよいことやってたら あっちうまに底が見えますね。
しかし 自分に厳しくあり続けるのも かなりたいへん(笑
めたりすと #-|2011/04/24(日) 17:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loud.blog8.fc2.com/tb.php/2007-a1624c60

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 BLASTJAIL All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.