BLASTJAIL

ヘヴィメタルバンド ブラストジェイル 富良野市で活動を続けるバンドです。 バンドシーン及び多彩な情報を発信しています。 

プロフィール

へヴぃめたりすと

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■神棚

2010/12/29 20:14

さて本日 午前にて職人戦隊 今年の仕事上がり。

 午後からはお客さん廻りやらやっていたが 神棚の掃除でもやろうかとおもい そこに着手。


201012291357000.jpg

 富良野神社と成田山 そしてゆうみのお土産の京都のやつ。

 この神棚は 富良野に出たときに 自分の名前の表札とともに家に置いたものだ。





 掃除もあれなんだけど さらにお正月ともなれば いろいろと買いこんできたよ。

 アイテムの販売価格 高値安値もピンキリで このご時世“御祝儀”との名目で大枚はたくことができないのが現実だ。

 最低価格のものばかりで揃えてきたよ。

 見栄をはって でかい物を揃えなくても まったくもんだいなし。



 とはいえことしのばあい ささやかに奮発して“舞玉飾り”なるものを買ってみた。

 こどものころ わしのじいちゃんがよくやってくれたのだ。

201012291359000.jpg

 ピンクの舞玉はこどもらにやらせた。おもいのほかよろこんでたな。

 あと なぜかマックの限定グッズも大量にぶらさがっておる(笑

 木は“みずき”ではなく そこらへんから取ってきたものだ。 まあ もんだいなし。



 それと かんじんの玄関。

201012291400000.jpg


 日の丸は富良野黄金どうりにも掲げられているのだ!

 あえて高く掲げた。通る人や車からよく見えるように。


 しめ飾りは998円だ。数万円もする門松をたててみたいところだが いまの自分の力では無理・・ そんなお金があるならば ギターのローンの支払いへと向けられる(笑

 家のまわりをイルミネーションでド派手にするのもいいけど 日本のお正月は やっぱりこんなかんじがいいんでないかなぁ・・

 パフォーマンスではなく 日本人として“お正月を想う”そんなかんじ。


 それと 仕事につかう車両にも 今年はしめ縄をかけた。とうぜんBLASTJAIL号にもな。



 しめ縄といえば こどものころ これまたじいちゃんにおそわったので わしはしめ縄編むことができる。当時は 稲藁で作っていた。その稲藁も 近年なかなか手ぇに入りずらいのだ。

 しいていえば ハサがけやってる秩父別のあそこからでももらってこんとな。

 ただ こないだ某所で教えてもらったんだけど しめ縄編むのは“スゲ”という 湿地に生える植物もつかうらしい。これは興味深い。

 ああそういや わしの父上は “下金山しめ縄保存会”を結成したらしいよ。



 ともあれ今年も 関わってくれたみんなのおかげで 無事におくることができる。 仕事も趣味も すべてが自分ひとりの力ではなく 皆さんのおかげである。


 来年も必ずいい年になる。アグレッシヴにな。

 神頼み人頼みよりも ゆるぎない自分の強い意志はたいせつだ。

 
 




 来年の行事目標
『しめ縄づくりと もちつき大会!』










スポンサーサイト
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:3
コメント
まいど様です!
確認したところ、実家には『スゲ』は無いとの事です(笑)
来年、秩父別に是非お越し下さい!(親父曰く)
今から酒を用意して待ってるそうです!(爆)
J龍 #-|2010/12/29(水) 21:54 [ 編集 ]
日本人!!
いいぞ!めたさん!!
yukio #-|2010/12/30(木) 08:58 [ 編集 ]
おつかれ
J龍さん
スゲがなくても “ハサがけ”の稲藁でじゅうぶんだし!
酒の方は まあいまから用意したら腐るんで 呑んどいてください(笑

yukioさん
うちのやつが「だれも日の丸あげてないよ・・」とか言ってましたが それゆえにわざと早く揚げたんですわ(笑
めたりすと #-|2010/12/30(木) 17:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loud.blog8.fc2.com/tb.php/1925-416ff32c

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 BLASTJAIL All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.