BLASTJAIL

ヘヴィメタルバンド ブラストジェイル 富良野市で活動を続けるバンドです。 バンドシーン及び多彩な情報を発信しています。 

プロフィール

へヴぃめたりすと

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■はろぅいん

2016/01/29 19:22

さあ もう声がバシバシでるよっ!

明後日の『菅沼孝三vs旭川爆音連合』‼‼
楽しみです。。とかのレベルぢゃないよっ!

旭川管轄とはいえ『鋼鉄富良野』のTシャツ着て行こうと思う!

あとは体調管理。
あした 重山さんと呑みすぎないようにするだけだ 笑

12662664_721491274655055_3838661215021717055_n.jpg
スポンサーサイト
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■錫杖

2016/01/28 22:44


うちの菩提寺は 浄土真宗。

ここんとこ数年 仏像好きが嵩じて 仏教やら神さんのことを調べたりしている。
んで 昨今の神社の御朱印集めから 他にもたまたま真言のお寺を回らせていただいている。

んで 真言のお坊さんたちが言うには「仏教は融和なりと言えますので どちらの宗派からお参りいただいてもかまいません」だそうだ。

あ こりゃいいや! とか思い その気になって般若心経を勉強しようとしたら 浄土真宗ではそれを唱えないらしい。
なんかあれだ 親鸞聖人が「カテゴリ密教の”呪経”のフレーズが混ざってるっちうことで 阿弥陀経のみでやっときな・・みたいな。
般若心経だめね・・みたいな。

なぜか 宗派ちがいといえども 近しい浄土宗 そこは般若心経ありだそうで それぞれの教えがまた なんともあれだ。

浄土真宗の親鸞さんは 坊さんで初めておくさんもらったり なかなかユルイかんじかなぁとおもっていたら 戒律きびしいのね。
きびしいというか 「他力」という言葉の解釈をしらべると なるほどなぁ。。なかんじではあるけど。

で 般若心経だめ・・・・・ここがあれだ。
そのかんじだと ハーモニックマイナーのギターソロ弾いたり 悪魔の音階と言われるロックなんて 完全アウト・・
いやもう HEAVYMETALなんざ もってのほか! 笑
しかしまあ いろんなお寺や神社行って 日本のでかい文化遺産に触れたり お経のこと勉強したりっての 絶対に損はないし お参りできるおおきな意味合い 住職や宮司とのたわいない会話が 自分の人生に生きざまに なまらプラスになる。

そう解釈しよう。

あ 画像は いつかぜったい行きたいとおもって 数年前からストックしてある 錫杖。
『梵字』に『南無大師遍照金剛』とどめは『般若心経』!

どこへって 四国八十八か所だ。

こういうの 楽曲やら歌詞に反映できる芸風なら バンド活動にもアグレッシヴに影響する。

北海道にはあまりなじみがないかもだけど よくかんがえてみな?
日本人の原点 自分個人の原点 御先祖様を思う心はお寺のほうだし 祈願や祀りごとって神社だよね。BLASTJAILメンバーそろって LIVE大成功祈願の神社参り いつかぜったいこれをやるぜ。


DSC_2187.jpg





へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:2

■不動

2016/01/12 22:17

BLASTJAILの富良野市内企画ライブにはこんなノシ紙が貼られた酒が届く。

友達の坊さんから。

いやかっけぇでしょ?
達筆でしょ?
こうゆうやつってありえない!

『不動』とはよく言ったもので 揺るぎない強い志 兵の心 けして折れない鋼の魂を後押ししてくれているようだ。

へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■御朱印

2016/01/06 21:45

ブログも放置して道内の神社やお寺をお詣りしている。
もらえるところでは『御朱印』というやつをいただきながら。

菩提寺やそれを含む宗教 または密教のことやら 神社のことやら ウィキペディアで調べたり。

自分の目標はたくさんある。
思いやりも常々持っていたい。
この世に生をうけたなら何歳になろうとあたりまえだ。

へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■新年!

2016/01/01 10:45



あけましておめでとうございます!
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 BLASTJAIL All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.