BLASTJAIL

ヘヴィメタルバンド ブラストジェイル 富良野市で活動を続けるバンドです。 バンドシーン及び多彩な情報を発信しています。 

プロフィール

へヴぃめたりすと

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■製氷器

2018/02/11 09:12

画像は なんの変哲もない 中古の『製氷器』
業務用。

『indie』の厨房へやってきたよ。
いやー 嬉しいなあ。。

給水排水の配管は どうにか自分でやった。
部品買ってきて。
結果『水漏れ 』まったく無し!笑
あたりまえだけど 作動のエラーも無し!

富良野の 重鎮老舗店舗さまから受け継いだものだ。

で おくさんは「ライブハウスの お客様に出すんでなくて 自分で酒呑むために 製氷器置いたんでないの?」とか わざわざ言わない。笑

富良野駅裏黄金通りの 地下水から作った氷。

それでウイスキー呑みたいとか ふつう思うでしょ?笑



スポンサーサイト
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■ギター弾く ということ。

2018/02/09 21:22

いやー。
かなり久しぶりに ギターを『弾きたくて』弾いてるような気がする。笑

ここんとこ オンリー的に ライブハウスの『音響照明視聴覚… 』みたいな笑

そっちに意識が 行き過ぎていて バランスが悪いかな?
あと 厨房の『シバレる溶かす』とか笑

仕事で言えば 『見積り契約施工集金支払い…それの繰り返し』みたいな。

どれも 最強に楽しめているけど いちばん楽しいのは やっぱりギターやら楽器で『探る寝る試す覚える』みたいな。

いや たいしたことはできませんけど 笑

で やっぱり弾いてない楽器は 鳴ってくれないなあ。

朝から晩まで ギターのメンテやら 機材の手入れなんちゅう 幸せな日々は いつやってくるんかいな?



へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■ポスター

2018/01/29 15:32

ポスターを ラミネート。

現時点で ウェブで繋がりのない人たちに indieのライブを伝えるには 『クチコミ』と『ポスター』という 原始的というか 基本的な方法しかないのよね。

特に ご近所さまとか いまんとこ
「磯江んちで なにやってんのよ?」
みたいなかんじでしかないと思うんで。

「いや なにってバンドだべや…」とか
「あのうるさい?」とか 言ってくれる奴は なかなか わかってるほう 笑

うちでやっているからって うるさいとは限らないし 笑

静かに ほんとに静かに 控えめに 黄金通りにポスター貼っているよ。

『前売り券あります』といっしょに 笑



へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■あちたりこちたり

2018/01/18 16:15

松山隆宏さん
『2018 北海道 あちたりこちたりツアー 冬』
サポートベーシストに タンクさん!

『indie』初の プロミュージシャン見参!

オープニングアクトには 地元アコースティックの雄 『スーパーホルモンエロチックスペシャルバンド』のみなさん!

チケット予約は メッセンジャーにて受け付けます。
電話予約の方は 0167-23-8232 にて。

へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■プロジェクター

2018/01/16 19:00

プロジェクターというやつが indieにやってきたよ。
中古のスクリーンは 80インチって うちのテレビとかよりは かなりでかいやつ。

『音響班』『照明班』 だけでもたいへんなのに 『映像班』まで設置か? 笑

いや 表現の幅が広がるとかんがえたら なまら楽しみだ。

どうにかスクリーンをぶら下げた頃に おくさんが入ってきた。

「で? あんたはなしてビール呑んでんのよ?」

いやこれは… ビールが凍結していないかの調査ですから… 笑
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■act.4

2018/01/10 17:49

『黄金通りのイカしたやつら act.4』

2018年1月20日  open 18:00 start 18:30


BLASTJAIL O3s  (富良野)

きじとら (中富良野)

CHIHHA (伊達)

春妃 (NHKのど自慢チャンピオン)

and more...


入場は 1ドリンク付き1000円のチケットを お買い上げ願います。

お気軽にどうぞ。

富良野市春日町4-8 Creative studio 『indie』

へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■明けましておめでとうございます

2018/01/01 20:12

50歳過ぎたあたりから 寺社巡りを始めて もう3年め。

地元 布部不動堂の御朱印も 重ねてもらって3回目。
四国のお遍路さんや 霊場巡りみたいで カッコいい(たいへん失礼)笑
のと 自分がお参りしたご褒美をもらったみたいで やっぱり嬉しい。

神社では 重ね印てのあまりやってないみたいだから 無理に頼まないようにした。

どうしても スタンプラリーみたいに考えてしまいがちだけど 『お寺』であろうと『神社』であろうと ちゃんとお参りするのがたいせつなんだよね。

へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■act.3

2017/12/30 18:54

『黄金通りのイカシたやつらact.3』
終了しました。

今回も いろんな方々に たいへんお世話になりました。
なまらありがとうございましたm(__)m

画像は 出演者さまやらお客様のところに満載です。笑
自分 いっぱいいっぱいで 演者さまの画像って1枚もなしです。

ゆっくりと…
ほんとにゆっくりと この場所を楽しみたいと思います。
でなくて…みんなに楽しんでいただきたいと思ってます。笑

来てくれた人が 楽しんでくれたかな?
とか 演者さんが 不自由でなかったかな?
とか バーカウンターに失礼はなかったかな?
とか いろいろ思うとこはありますが。

富良野駅裏『黄金通り 』
人っこひとり歩いてない… わけではないですが 笑
それに近いものがあります。
よね?

昨夜の出演者さま方々 めちゃめちゃハイレベルで みんなそれぞれ大好きなかんじでした。
ほんとにです。

ここは 大都市ではなくて 人口たかだか2万なんぼの田舎です。
そんな 田舎シティに 集結してくれたミュージシャン方々 なまらありがとうございました。

お客様方々も ほんとにありがとうございましたm(__)m

ライブハウスとはいえ 手続き的には いちおう『飲食店』となってます。
自分も おくさんも そこは『ドシロウト』です。

さらに 富良野バンドシーンを牽引するようなことは 自分のバンドBLASTJAILには もう困難だと思ってます。

自慢のムスコたちや ムスメたちも それぞれに 自分の道を歩いています。

でも またここからはじめたいと思います。

この場所を『ホーム』と言ってくれた めんこい演者さんもいたりして。
それとか お客さまやら出演者さま からの強烈な援護射撃に 感動させてもらいつつも 力をいただいてます。

来年も よろしくお願いいたしますm(__)m

次回開催は 1月21日を 予定しています。
多数のご参加を お待ちしてます。
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■ギター

2017/12/12 22:04

はい。
寝床から 見上げる景色は ギターばかりなり 笑

そういえばギター弾いてないなあ。

『Creative Sutdio indie』こけらおとしで いちおうギター弾くんだけど まあ なんとかなるよね 笑

へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

■ポスター

2017/12/02 21:22


はい。
記念すべき...

てか 自分の人生的に記念すべき 第1回めと2回めの フライヤーですわ。

 関係者のみなさま 出演されるみなさま どうぞよろしくおねがいしまっす。

 このたびは 駅裏黄金通りでの LIVEハウス開設にあたり 各ジャンルのセンパイ方々に たいへん親切にしていただいております。
各公共機関の担当さま方々にも なまらご丁寧に御指導いただいております。

 ほんとにほんとに ありがとうございます。

 やってみなければ わからなかったことやら 知らなかったこと 思いもよらなかったことが 次々と湧き出て来て 戸惑いやら困惑やら ブチ切れやら笑 いろんなことがありましたが 『防音実験室』と呼んで 自分だけの試行錯誤を楽しんでいた場所は いろんな意味での『実験』やら『対策』果ては『進化』を繰り返して。。

 いや今現在も『実験中』だけど どうにか形を得ることができそうです。

見学やら 大歓迎です。
問い合せも どうぞお気軽に!

ヒヤカシも この際オッケイ 笑

静かに 息の長い運営を たのしみながらやっていきたいです。

どうぞよろしくおねがいします。

黄金通りのイカシタやつら ポスター jpeg
へヴィーメタルシーン (近況報告やら・・・)TB:0CM:0

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 BLASTJAIL All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.